大内眼科は白内障手術・老眼手術(多焦点眼内レンズ)で多数の実績を保有しています

MENU
  1. HOME
  2. コンタクトレンズオーウチ

コンタクトレンズオーウチ

コンタクトレンズは医療器具です!

コンタクトレンズによる眼障害が増えています。大切な眼に重大な障害が起こらないよう、日本眼科学会認定の眼科専門医による処方、及び定期検査が望まれます。

コンタクトレンズをあわせる手順

コンタクトレンズは購入する製品を実際に装用して、診療を受けないと本当に眼に安全であるかは確認が出来ません。

  1. 近視・遠視・乱視などの度数(屈折率)と角膜のカーブを測定する。
  2. 眼に屈折異常以外の病気が無いか医師が診察。
  3. 医師と相談してレンズの種類を選択。
  4. テストレンズを装用し、角膜上でのレンズの動きやサイズ、カーブが問題ないか診察。
  5. コンタクトレンズを装用して視力を測定し度数を決定。
  6. 初めてコンタクトを始める人には、はめはずしの練習と手入れの方法を指導。

コンタクトレンズ処方における経済性と安全性の両立がモットーです

量販店でコンタクトレンズを購入される方の多くは、眼科で処方した場合の診療代やレンズ代が高いと感じられていると思います。
コンタクトレンズオーウチでは、その問題が解決できれば、より多くの方に眼科クリニックで処方を受けていただいて、後のトラブルや障害を減少させることができると考え、割引価格でコンタクトレンズをお渡ししています。

必ず専門医で検査を!

インターネットによる通販等の普及で、必要な検査を受けずに、安易にコンタクト レンズを手に入れ装着を続けた結果、重篤な角膜障害を引き起こし失明に至るケースも見られます。

角膜障害って何?

角膜とは黒目のことですが、この組織は全く濁りのない透明の組織です。
角膜は涙から酸素を供給されて、この透明性を維持しています。しかし、この角膜上に汚れたレンズが乗っていたり、コンタクトレンズが固着したりしていると、酸素の欠乏によりこの角膜に傷が出来たり混濁ができて、痛みや視力障害をひきおこします。

以上がコンタクトレンズ処方に最低限必要な工程です。さらにその後の定期検査を怠ったり、消毒を怠った結果、障害を起こす方もたくさんいらっしゃいます。

カスタムメイドシステム

カステムメイドシステムとは

カスタムメイドシステムとは、角膜全体の形状や、瞼の形状のデータを解析しデザインする、一人ひとりの眼に合わせて作るレンズです。

レンズが角膜下方や上方で張り付く、動かない、乾燥しやすい、くもりやすいなどの症状がある方。カスタムメイドシステムは、あなたの目の形にあったレンズを提案します。

また、円錐角膜などの不正乱視や強度乱視の方にも、特殊なデザインで作成することが出来ます。

コンタクトレンズオーウチでは、単純な屈折異常の方だけでなく、アレルギーやドライアイ・乱視の強い方・老眼の方など、これまでコンタクトレンズの装用が困難であきらめておられた方にも、適切なレンズの種類、カーブ、サイズ等の選択、また装用指導や管理によって、安全に、そして出来るだけ快適にコンタクトレンズとお付き合いしていただくよう、最後まで責任を持ってフォロー致します。

  • 使い捨てレンズは無料お試し期間( 約1~2週間 ) のあとご購入いただきます。
  • 多種メーカーを取り扱いしています。
    当院にテストレンズのあるメーカーに限りましては、処方箋のみの交付も致します。
  • 各種クレジットがお使いいただけます。
  • 駐車場完備いたしております。
オルソケラトロジー グラッシュビスタ コンタクトレンズ・オーウチ オルソケラトロジー グラッシュビスタ
当院へのアクセス
周辺地図
周辺地図
  • JR京都駅より車7分
  • 近鉄東寺駅より車4分
  • 京阪東福寺駅より車8分
  • 名神高速京都南ICより車10分
GoogleMapsで見る
大内眼科外観写真
大内眼科
コンタクトレンズオーウチ
京都市南区唐橋羅城門町47-1
TEL:(075)662-7117
FAX:(075)662-7118
<休診日>
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
Page top